敏感肌の肌荒れ対策方法まとめ

 

敏感肌の肌荒れ対策をまとめました

出来始めたときは食生活は1日1食、時間帯もバラバラで睡眠も3時間程度しか取らなかったので、気を付けていたら治るだろうと思っていました。

 

ですが気を付けていてもなかなか治らないので、食事は毎日3食撮るようにし、睡眠も出来るだけ8時間撮るように心がけるようになりました。

 

それでも治らなかった時は病院に行き、チューブ型の薬を2種類もらい毎日塗り続けました。

 

しかし、敏感肌の私には薬を塗り続けると肌が荒れてしまう為、酷くなればビタミンCが配合されたビタミン剤や、栄養ドリンク、野菜ジュースを飲んだりして薬を控えたりと肌の調子を見ながら過ごしています。

 

また、チョコが大好きなのですが、今では殆ど食べなくなりました。

 

これでだいぶマシになりましたが、もっと奇麗になりたいです。

 

これからは紫外線対策に取り組んで行こうと思っています。

 

 

 

特に普段からかぶれやすいとか、敏感肌というわけではなくスーパーで売っている安い化粧品などでも問題ありません。

 

食べ物にアレルギーもないため、何も警戒することはなく無防備に過ごしている毎日。

 

もちろん健康には気を付けていて、規則正しい生活や軽い運動、食事もバランスよく摂っています。

 

気を付けるとしたらいつもと違う「かゆみ」が来たら敏感に察知して、一刻も早く皮膚科へ駆け込むことくらいしか思いつきません。

 

自宅にもいろいろと塗り薬は常備しているものの、ある皮膚科医に「この辺は最初に塗った薬に反応して起こったかぶれだ」と指摘されたことがあるからです。

 

前にあなたに処方された薬ですけど?と思いながら何も言えず。

 

皮膚科医もなかなか正確に診断するのは難しいみたいですね。

 

 

スキンケアは、アトレージュというブランドのラインを使用しています。

 

特にこのブランドのクレンジングジェルで夜化粧を落とすだけでなく、朝も洗顔してみたところ、以前に比べてニキビができにくくなりました。

 

それから、週に1回はスクラブで毛穴の汚れを落とすようにもしています。

 

食事は野菜を多めにバランスよく食べるよう心がけています。

 

間食は食べたい時は少量にしたり、フルーツを食べるようにしています。

 

睡眠時間は日によりますが、なるべくゴールデンタイムの間に寝るようにしています。

 

就寝時間は12時頃が多く、平均睡眠時間は6時間です。

 

夜更かしをしないようにすると、肌の調子も良い気がします。

 

運動らしい激しい運動はしていませんが、毎日夜に30分ほどヨガをするようにしています。

 

 

 

敏感肌の肌荒れ対策をまとめました

対策といえば、まずお風呂に入って体を洗う際はナイロン製のタオルやスポンジは使わず、よくボディーソープを泡立てて素手で優しくなでるように洗っています。

 

ほかにも浴槽に入ってお湯に浸かるときは、長い時間つかっていると体が温まり、全身痒くなるのでなるべく長時間浴槽に入ることは避けています。

 

あとお風呂上がりに特にひどい足にはヤクルト化粧品の化粧水で「ゴールドSEローション」をふんだんに塗りたくっています!

 

下手な皮膚科の塗り薬よりも効果はあるし、化粧水なのでさらっとしていて、匂いもそんなに強くないのでオススメです。

 

私は乾燥肌と敏感肌なので使うかゆみどめなどの製品には、よく考えながら自分にあうものを選んでいます(*´ω`*)

 

敏感肌の肌荒れ対策をまとめました記事一覧

20際の頃から基礎化粧品で自分の肌に合うものがなく、どのメーカーを試してもかぶれたり赤くなったりしていましたその為、お化粧をし出したのも20代後半からになります。それから自分で敏感肌だと思い、肌に優しそうな基礎化粧品をいろいろと試してみました。それでもなかなか肌に合うものが見つからず、かぶれたりしていました。その時に母の紹介で、ある化粧品会社のサンプルを試してみたところ、かぶれたりかゆくなったりし...

肌が40歳を過ぎてから敏感肌になり、その頃から花粉症も併発して痒くなったり、赤くなったりしました。最初は、お米のとぎ汁や赤ちゃん用のオートミル石鹸で顔を洗うようになり、なるべく肌を刺激しないように心がけました。洗顔後は保湿の為にベビーオイルやワセリンにアロエを混ぜて使っていました。また、肌を強くするために、洗面器に熱い湯を入れてラベンダーオイルも2、3滴入れそれを吸い込むように肌にも蒸気があたるよ...