20歳になってから敏感肌が悪化しました

 

20際の頃から基礎化粧品で自分の肌に合うものがなく、どのメーカーを試してもかぶれたり赤くなったりしていました

 

その為、お化粧をし出したのも20代後半からになります。

 

それから自分で敏感肌だと思い、肌に優しそうな基礎化粧品をいろいろと試してみました。

 

それでもなかなか肌に合うものが見つからず、かぶれたりしていました。

 

その時に母の紹介で、ある化粧品会社のサンプルを試してみたところ、かぶれたりかゆくなったりしなかったのでその化粧水だけを使っていました。

 

そして今は、違う化粧品会社の基礎化粧で肌に合うものを見つけて使っています。

 

敏感肌をゆっくり確実に消す方法

特に冬は、肌が乾燥しやすく敏感にもなりやすいので、保湿に気をつけながらお手入れをしています。

 

敏感肌でも合う化粧品会社を見つけたので、今はそれを中心に使っています。

 

そしてかぶれなどを防ぐ為に、なるべく他の化粧品会社の物を使わないようにしています。

 

また冬はすごく乾燥するので、洗顔をする際に気をつけていることがあります。

 

それは冷たいお水を使わないでぬるま湯で顔を洗うようにし、ごしごしと顔を洗わないことです。

 

そして洗顔後はなるべく早く化粧水などを付けるようにしています。

 

また、その後に付ける物は保湿の高いものを付けるようにしています。

 

そして化粧品会社の人からのアドバイスで、二度塗りなどもしています。

 

他には化粧品からの保湿だけではなく、コラーゲンのドリンクなどを利用してお肌の乾燥を防ぐ努力をしています。

 

アトピー&敏感肌のセットを治すまでの道のり

 

敏感肌をゆっくり確実に消す方法

小さい時からアトピーで敏感肌でした。

 

基本身体全身痒かったですが、特に首?耳?肘?顔がひどく常に掻くので余計にひどくなり大変でした。

 

特にスマイミングスクール行ってた時は塩素にまけて、行く度に顔が赤くなり、痒みが出て常に顔が白い粉を吹いていました。

 

思春期だったこともあり、とても恥ずかしかしく何とかして治したい気持ちはありましたが、親に皮膚科へ連れて行ってもらった記憶無く、自分自身も『これは治らないもの』と思っていたので、とにかく我慢する日々で辛かった。

 

特に両親から『産まれた時からアトピーやから仕方ない、掻くの我慢しなさい』といわれ続けたからかな…

 

今思うと何故病院に連れて行ってくれなかったのが不思議でたまりません。

 

近所の方に『いい病院がある』と教えてもらい、母と半信半疑で行ってみることに…とてもいい先生で塗り薬を処方してもらい、幹部に塗ると翌日には痒みがなくなって、一週間くらいであともなく綺麗になっていてびっくりしました。

 

きっとキツい?薬かもしれませんがこれだけ早く治るならとずっとそちらの病院でお世話になっています。

 

月経がきてから少しずつアトピーはましになり、いつのまにか治ってました。

 

しかし敏感肌はそのままで30代になった今も悩んでます。

 

やはり季節の変わり目は顔が白い粉吹きになり痒くなります。

 

色々試しましたが、最後にたどり着いたのは『朝は洗顔剤は使わずお湯で洗う』『基礎化粧を変えない』です。

 

これを続けて肌が落ち着くのを待つが一番いいかなと続けてます

 

関連ページ

敏感肌対策を安く済ますには?
お金をかけずに敏感肌を治す方法をまとめました。基礎化粧品や家にあるものでケアする口コミを多数掲載。すぐに敏感肌対策をしたい方は必見です!